2009年12月03日

医学:パンデミックを起こしたウイルスの特徴

ブタを起源とする H1N1 インフルエンザウイルスの一連の臨床分離株の解析から、現在のパンデミックを引き起こしたウイルスが、マウスやフェレット、サルなどの哺乳類モデル系では、季節性の H1N1 株よりも重い症状を呈することが明らかにされました。

このウイルスはブタにも感染しますが、臨床的な徴候は見られません。

タミフルなどの調べられた抗ウイルス薬のすべてが、細胞培養系でこの新型ウイルスに対して有効であったといいます。

このことは、今回のパンデミックに対する最初の防衛手段として、これらの化合物が役に立つことを裏付けています。


### database ###
nature 460,925-1050 20 August 2009 Issue no.7258
Pandemic virus characterized
Letter p.1021 / invtro and in vivo characterization of new swine-origin H1n1 influenza virus / Y Itoh et al. (Shiga University of Medical Science)
Abstractions p.932 /
posted by 梵 at 12:56| Comment(0) | natureのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

進化:細菌融合の名残

形態の異なる生命体が融合して新しくより複雑な生命体を形成する「細胞内共生」は複雑な細胞の進化に重要であったと考えられています。

核やミトコンドリアをはじめとする個々の細胞内区画は、かつての独立した生命体の名残です。

では、細菌などのもっと単純な生物の進化にも細胞内共生がかかわったのでしょうか。

こうした生物は区画化された内部構造を持たないことから、一般にそのようなことは考えられてきていませんでした。

しかし、繁栄している重要な細菌の多くは細胞膜が二重になっています。

このような二重膜構造は、クロストリジウム属細菌と放線細菌という 2 種類の細菌が融合した名残であることを、 Hypothesis で J Lake が示唆しています。


### database ###
nature 460,925-1050 20 August 2009 Issue no.7258
Bacterial combinations
Hypothesis p.967 / Evidence for an early prokaryotic endosymbiosis / J A Lake

posted by 梵 at 01:01| Comment(1) | nature か science なこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

本ブログにおける趣旨

本来、このブログは自然科学を中心とした学説を捏ねるために解説されたブログです。

つまり、自然界における物事の成り立ちを理解するために、篭って基礎科学の学説(ほとんどが自然科学の学説が多いですが)をこね回す場として開設されました。


一度完全閉鎖して3年ほどになりますが、これからはレベルをさらに上げられた内容になると思います。
posted by 梵 at 12:59| Comment(0) | 梵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

完全閉鎖

小十郎占い:完全閉鎖運よさそう

 このようにして測った完全閉鎖量をμで表すことにしましょう。

小十郎占い監修:小十郎

posted by 梵 at 00:00| Comment(0) | 小十郎日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

脂質運

小十郎占い:脂質運停滞中

梵としては、言い分だけの主張なんて、もう脂質なのです…。

小十郎占い監修:小十郎


* 上記の引用文面はBlogPetの小十郎が監修したものを監修したものです。
posted by 梵 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小十郎日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。