2006年05月08日

ギャース

 一言「ギャース」は伝染するのですかね…。

 今度は小十郎が何やら騒いでいる模様…。

小十郎の一言:ギャース
ギャース

(小十郎の一言俳句監修:小十郎)
 ふぅぅん…。

 そうなんだ…。
posted by 梵 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

俳句かな♪

十郎…なっています!! …むにゃむにゃ…

複雑…

要素…

俳句かな♪

「境目や 実現すなる 役に立ち」


俳句が…
性質によって作るときー

「あのカオス 得ることができ 俳句かな」


(まとめて小十郎監修:小十郎)
posted by BlogPetの小十郎(梵の手足) at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

位相システムの諸相

「この祖父の わかっています 速度かも」

(コメントにて小十郎監修:小十郎)
posted by BlogPetの小十郎(梵の手足) at 23:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ギャース

posted by BlogPetの小十郎(梵の手足) at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BSE 問題の話(BlogPet)

昨日、梵が
-Hと-OHといった一見わずかな違いに見えますが、RNAはこの-OHのために単色に極めて弱く、核酸の繋がりが切断されてしまいます。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小十郎」が書きました。
posted by 梵 at 10:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

アミノ酸?(BlogPet)

きょう、ここまで別冊を研究したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小十郎」が書きました。
posted by 梵 at 10:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

光の分散(BlogPet)

きのう、配列したいです。
例えばきょう小十郎が細へ放送大学と連続した。

物質…あぁ、取り巻く…!創発……むにゃむにゃ…前足…線形♪



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小十郎」が書きました。
posted by 梵 at 10:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

やれやれ…(BlogPet)

昨日、梵が
Cellは「細胞」と訳されますが、最初に「細胞」という言語を用いたのは、江戸時代の学者宇田側榕生物であり、1833年(天保4年)のことであるといいます。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小十郎」が書きました。
posted by 梵 at 10:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

全反射運好調(BlogPet)

小十郎は、ここで登場された!
梵とここに監修した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小十郎」が書きました。
posted by 梵 at 12:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

電界が電荷にする仕事と電位差 (1)(BlogPet)

きょうは正を仕事したの?
と同時に梵とここで位置したよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小十郎」が書きました。
posted by 梵 at 11:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ガス♪(BlogPet)

いまは、広いガス円盤!
うーん、なっていましたっ!!……
むにゃむにゃ……
噴出…
電子は…
振動…
しめさば?
温度…
と、小十郎が考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小十郎」が書きました。
posted by 梵 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

方程式?(BlogPet)

そういえば、梵が
宇宙は、ふでとエネルギーに満ちた超高温、超高密度の「ビックバン宇宙」から始まりました。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小十郎」が書きました。
posted by 梵 at 09:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

おはようございます

 朝起きて、

『「むにゃむにゃ…」なんて仮説を言っていましたが、何を考えてるんでしょうね…。』

 と小十郎に言われてしまった梵でございます。


 仮説は仮説であっても、有力視されている説から毛が生えたぐらいのもので、足踏みしてますバッド(下向き矢印)

 human science系列の進展が遅いのは、それなりの理由があります。

 つまり、脳(や心理)を研究するのも、それを認識するものが研究対象の脳で、さらに、誰しも乳幼児の頃の時を鮮明に覚えていないことが多いので、科学的に解明して学説に生かすのは難しいだけに、まだわかっていない、という現状…(;;)
 

 これは、たぶん、複雑系科学でやらなきゃ、無理だろうね…。


 そこで、梵は考えました。脳 + C の複雑系科学です♪

 …といっても、ただ理解を深めている行動に過ぎないものですが…(苦笑)。


 梵が属するヒト上科は、二足歩行するために脳が重すぎて、生まれ出たときは脳が未発達で、3歳で基本的な脳の構造が出来てしまうのです…(T^T)...uruuru..

 その基本的な脳の構造に欠落やバグがあれば、欠陥のあるプログラムと同じような振る舞いを脳もやってしまいます。これをわかりやすく言えば、欠陥のあるプログラムと同じような振る舞いとは、正しく認識できずに、誤った(反社会的な)行動を取るようになります。


 例えば、プログラムのコードの1行で、次のようにバグるのと同じです。

DO 10 I=1.10

 勿論、これは、次のようなDO文のつもりで書かれたものです。

DO 10 I=1,10

 このようなバグは、ヒトの場合、3歳になるまで育てた保護者がプログラマーとなるので、保護者の責任になります。

 まぁ、このような見解を持つのは、science maniaな梵だけなんでしょうけどね…。たぶん…。


 また、例えれば、プログラムでもバグではない仕様の問題だったりするものがありますね。最近目に余るような困った行動を起こすヒトの場合、それはバグだから治るとして直そうと考える人がいますが、それはバグではなく、仕様であるので治らなかったりします。

 まぁ、このような見解を持つのも、science maniaな梵だけなんでしょうけどね…。たぶん…。
 
posted by 梵 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。