2010年05月31日

顕微鏡法:超高解像度の顕微鏡

回折限界を超える分解能での画像化の場合、例えば細胞内の微小な特徴を解像するような場合には、画像化対象を蛍光発色団で標識する方法か、或いは、蛍光にはよらないものの、はるかに感度の低いほかの顕微鏡法を使うかしなければなりませんでした。

今回、ハーバード大学の研究チームは、以前ほかの多光子顕微鏡法で使われたことのある実験手法を取り入れた、誘導放出顕微鏡として知られる別の方法を開発しました。

この方法の感度は、標識されていない微小血管画像化や発色レポーターを用いた lacZ 遺伝子発現の検出などへの応用で実証されました。

この手法は、吸収測定より感度が何桁も高く、資料中のほかの発色団に干渉されず、三次元切片法に適しています。

重要なのは、すべての分子が誘導放出顕微鏡法の対象となりうることであります。

したがって、この方法は、かつて超解像顕微鏡では見ることができなかったヘモグロビンなどの非蛍光性物質の画像化に使うことができます。


### database ###
nature 461,109-1162 22 October 2009 Issue no.7267
Letter p.1105 / Imaging chromophores with undetectable fluorescence by stimulated emission microscopy / W Min et al. (Harvard University)
News and Vews p.1069 / Microscopy : Light from the Dark / Stefan W. Hell and Eva Rittweger



蛍光、すなわち自然放出は、一般的に吸収測定よりも敏感であり、光学的画像化に広く用いられています。

しかし、ヘモグロビンやシトクロムなどの多くの発色団は吸収を示しますが蛍光は検出不可能で、それは自然放出の大部分が高速非放射減衰によるからであります。

だが、それらの吸収の検出は顕微鏡下では難しいものとなっています。

今回、 Min たちは、非放射減衰と効果的に拮抗する誘導放出を使ってこうした発色団を検出可能にし、光学顕微鏡法の新しいコントラスト機構について報告しています。

posted by 梵 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | natureのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。