2010年12月12日

医学: RAF は 2 通りのシグナルを出す

RAS-RAF-MEK-ERK シグナル伝達経路の異常な活性化は、ヒトの多くのがんの特徴であることから、この経路は抗腫瘍療法の標的として関心を集めています。

数種類の RAF あるいは MEK 阻害薬については臨床試験が現在進行中ですが、予想外の合併症が出現しています。

BRAF に選択的に働く阻害剤は、 BRAF 遺伝子に変異がある黒色腫に治療効果があり、 RAF-MEK-ERK シグナル伝達を強力に制御しますが、 KRAS 遺伝子に発がん性の変異をもつ腫瘍に対しては効果がありません。

2 つの研究グループが今回、この大きな相違が生じるのは RAF 阻害剤が 2 種類の作用をもつためであり、細胞の状況と RAF の変異状態によって、阻害剤または活性化剤のどちらかとして作用することを報告しています。

News & Views では K Cichowski と P Janne が、これらの結果と Cell 誌に発表された同様の見解について、機構的、また臨床的なかかわりを考察しています。


### database ###
nature 464,317-456 18 March 2010 Issue no.7287
Letter p.427 / RAF inhibitors transactivate RAF dimers and ERK signalling in cells with wikd-type BRAF / P I Poulikakos et al.(スローン・ケンタリング記念がんセンター:米)
Letter p.431 / RAF inhibitors prime wild-type RAF to activate the MAPK pathway and enhance growth / G Hatzivassiliou et al.(ジェネンテック社:米)
News and Views p.358 / Drug Discovery : Inhibitors that activate / Karen Cichowski & Pasi A Janne

続きを読む
posted by 梵 at 21:42| Comment(6) | TrackBack(0) | natureのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。