2010年08月21日

医学:HIV 感染に抵抗する

HIV 感染者の中でエリートコントローラーとよばれる患者では、治療を受けなくてもウイルス量が長期間にわたって非常に低いレベルに維持されます。

このような患者では、数種の HLA クラスT遺伝子座が多くみられ、その中でも HLA-B57 は最も際立っています。

今回、エリートコントローラーで HIV に対する効果的な免疫応答が誘導される仕組みについてのモデルが示されました。

このモデルによると、 HLA-B57 は結合する自己ペプチドがより少なく、その結果、交叉反応性をもつ T 細胞レパートリーが生じ、ウイルスに対してより効果的な T 細胞応答が誘導されます。

この研究は、ワクチン戦略に影響を与えることになりそうです。


### database ###
nature 465,261-390 20 May 2010 Issue no.7296
Letter p.350 / Effects of thymic selection of the T-cell repertoire on HLA class T - associated control of HIV infection / A Kosmrlj et al.(マサチューセッツ総合病院、マサチューセッツ工科大学およびハーバード大学ラゴン研究所)

続きを読む
posted by 梵 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | natureのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。