2010年07月07日

宇宙:従来と違う型の超新星

暗い超新星 SN 2005E の新規の特徴は、今までに確立された超新星の分類に容易にはあてはまりません。

Tb 型、Tc 型、U型、重力崩壊型超新星は、大質量星がその生涯の終わりに爆発するときに生じ、Ta 型は質量降着している白色矮星の熱核爆発で生じると考えられています。


Perets たちは分光データから、 SN 2005E がTb 型のようにヘリウム過剰で、Ta 型に特有の水素、シリコン、硫黄のスペクトル線を欠くと結論しています。

しかし、 SN 2005E が「古い」星の環境に存在し放出物の星が少ないことから、重力崩壊型起源ではなく、低質量で古い前駆星、おそらく連星系でヘリウムが降着している白色矮星であろうと彼らは考えています。


川端弘治(広島大学)たちはそれとは異なる見方をしており、 SN 2005E は SN 2005cz に似ており、楕円銀河の中で見つかることは異例とされるTb 型超新星であるとしています。

彼らは、 SN 2005E と SN 2005cz は共に、爆発を起こす質量の低質量側(太陽質量の 6 〜 12 倍)の大質量の重力崩壊型爆発の結果生まれたとすると、最もうまく説明できると考えています。


D Branch は News & Views で、星爆発の機構についての最新の考え方からみた、これら 2 つのモデルについて論じています。



### database ###
nature 465,261-390 20 May 2010 Issue no.7296
Letters pp.322 / A faint type of supernova from a white dwarf with a helium-rich companion / H B Prets et al. (The Weizmann Institute of Science , Harvard-Smithonian Center for Astrophysics)
Letters pp.326 / A massive star origin for an unusual helium-rich supernova in an elliptical galaxy / K S Kawabata et al. (Hiroshima University)
News and Vews p.303 / Supernovae : New explosions of old stars ? / David Branch

続きを読む
posted by 梵 at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。