2010年12月12日

医学: RAF は 2 通りのシグナルを出す

RAS-RAF-MEK-ERK シグナル伝達経路の異常な活性化は、ヒトの多くのがんの特徴であることから、この経路は抗腫瘍療法の標的として関心を集めています。

数種類の RAF あるいは MEK 阻害薬については臨床試験が現在進行中ですが、予想外の合併症が出現しています。

BRAF に選択的に働く阻害剤は、 BRAF 遺伝子に変異がある黒色腫に治療効果があり、 RAF-MEK-ERK シグナル伝達を強力に制御しますが、 KRAS 遺伝子に発がん性の変異をもつ腫瘍に対しては効果がありません。

2 つの研究グループが今回、この大きな相違が生じるのは RAF 阻害剤が 2 種類の作用をもつためであり、細胞の状況と RAF の変異状態によって、阻害剤または活性化剤のどちらかとして作用することを報告しています。

News & Views では K Cichowski と P Janne が、これらの結果と Cell 誌に発表された同様の見解について、機構的、また臨床的なかかわりを考察しています。


### database ###
nature 464,317-456 18 March 2010 Issue no.7287
Letter p.427 / RAF inhibitors transactivate RAF dimers and ERK signalling in cells with wikd-type BRAF / P I Poulikakos et al.(スローン・ケンタリング記念がんセンター:米)
Letter p.431 / RAF inhibitors prime wild-type RAF to activate the MAPK pathway and enhance growth / G Hatzivassiliou et al.(ジェネンテック社:米)
News and Views p.358 / Drug Discovery : Inhibitors that activate / Karen Cichowski & Pasi A Janne

続きを読む
posted by 梵 at 21:42| Comment(6) | TrackBack(0) | natureのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

宇宙:見たことがあるような太陽系外惑星

400 個以上発見されている太陽系外惑星のうち 70 個ほどは、中心星の前面を通過(トランジット)する惑星であります。

トランジット現象の利用によって惑星大気の観測が可能になり、さまざまな重要なパラメーターを決定できます。

今まで発見されてきたトランジット系外惑星は非常に短周期の軌道か、もしくは離心軌道をもっていたため、非常に熱いか、あるいは表面温度の極端な変動が起こっているかのどちらかであると考えられていました。

今回、宇宙望遠鏡 CoRoT によって、太陽系の巨大ガス惑星に似た太陽系外惑星が発見されました。

CoRoT-9b と名付けられたこの惑星は、太陽類似星の周りの離心率の小さい起動を周期 95 日で回っており、この軌道は水星の軌道に似ています。

表面温度は、およそ -20 〜 150 ℃の間であり、その密度から推定すると内部の組成は木星や土星のものに似ているようです。


### database ###
nature 464,317-456 18 March 2010 Issue no.7287
Letter p.384 / A transiting giant planet with a temperature between 250 K and 430 K / H J Deeg et al.(カナリア天体物理研究所およびラ・ラグナー大学)

続きを読む
posted by 梵 at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

細胞:タンパク質をデザインするリボソーム

望ましい性質を持つ新規アミノ酸を化学的に作成しても、細胞に備わる機構を使ってタンパク質へとうまく導入できるのは、これまでほんの一部でした。

また、導入可能な場合ですら、非天然型アミノ酸は 1 回に 1 個しか加えることができませんでした。

理論的には、天然のタンパク質合成系で使われている塩基 3 個からなるトリプレットコドンでなく、塩基 4 個が一組のクアドルプレットコドンを使えば、非天然型アミノ酸を割り当てられる「空白のコドン」を余分に作るゆとりが生じます。

天然のリボソームはクアドルプレットの読み取り効率が非常に悪く、効率を上げるように進化させるとプロテオーム全体を誤読してしまうと考えられています。

今回 J Chin たちは、この問題を解決するため、非天然型 tRNA シンテターゼと tRNA 対を使ってクアドルプレットコドンを効率よく読み取る平行あるいは「直交性」のリボソームを作り、人工的に進化させました。

この系を使えば、遺伝的にコードした「デザイナータンパク質」に、最大 200 種類もの新規アミノ酸を取り込ませることが可能となります。


### database ###
nature 464,317-456 18 March 2010 Issue no.7287
Letter p.441 / Encoding multiple unnatural amino acids via evolution of a quadruplet-decoding ribosome / H Neumann et al. ( MRC 分子生物学研究所:英)

続きを読む
posted by 梵 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | natureのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

細胞: 3D で見るゲノム

出芽酵母の染色体間での相互作用を示す地図が、ハイスループットな染色体コンホメション捕捉法を用いてキロ塩基の分解能で製作されました。

その結果、核内にある染色体の三次元構造が明らかになりました。

ゲノム全体の形はスイレンの花に似ており、核の極の 1 つにセントロメアが集まり、この土台から染色体の腕 32 本が突き出しています。

この三次元地図は、染色体が動的存在であることは度外視して、ある一瞬をとらえたスナップ写真に相当しますが、真核生物のゲノムの構造を高分解能で初めてとらえたものであり、酵母という単純な生物のゲノムでさえ、非常に複雑な構造であることがはっきり示されました。


### database ###
nature 465,261-390 20 May 2010 Issue no.7296
Letter p.363 / A three-dimensional model of the yeast genome / Z Duan et al.(University of Washington)

続きを読む
posted by 梵 at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | natureのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

医学:HIV 感染に抵抗する

HIV 感染者の中でエリートコントローラーとよばれる患者では、治療を受けなくてもウイルス量が長期間にわたって非常に低いレベルに維持されます。

このような患者では、数種の HLA クラスT遺伝子座が多くみられ、その中でも HLA-B57 は最も際立っています。

今回、エリートコントローラーで HIV に対する効果的な免疫応答が誘導される仕組みについてのモデルが示されました。

このモデルによると、 HLA-B57 は結合する自己ペプチドがより少なく、その結果、交叉反応性をもつ T 細胞レパートリーが生じ、ウイルスに対してより効果的な T 細胞応答が誘導されます。

この研究は、ワクチン戦略に影響を与えることになりそうです。


### database ###
nature 465,261-390 20 May 2010 Issue no.7296
Letter p.350 / Effects of thymic selection of the T-cell repertoire on HLA class T - associated control of HIV infection / A Kosmrlj et al.(マサチューセッツ総合病院、マサチューセッツ工科大学およびハーバード大学ラゴン研究所)

続きを読む
posted by 梵 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | natureのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。